悪いこと言わないから白砂糖だけはやめておけ【アトピーかゆみ対策】写真付き

アトピーは肌が荒れるので見た目が気になるのはもちろんですが、それに加えて私たちを悩ませるのは「かゆみ」です。

かゆいのって本当に大変ですよね。もう地獄のような苦しみです。

アトピーの人は当たり前すぎて気づいていないけど、かゆみの信号が脳にひっきりなしに届いているわけです。これが24時間365日どっかしらから信号がきてる。メンタルがやられて当然です。

昔、かゆみは痛みよりつらいってどこかで聞いたことあるけど、妙に納得しました。かゆいときにはよく「これは痛みよりつらいんだ」と思い出して自分を励ましていました。

少しでもこのかゆみが減らせたら生きてくのが楽になりますよね。そのためにはどうしたらいいか、いくつか方法がありますが、今日は砂糖絶ちについて書いてみたいと思います。

※途中に脱ステ中の砂糖の被害の写真がありますので、苦手な方はご遠慮下さい。

かゆみ直結、白砂糖の威力

かゆみの原因はいろいろありますが、私が脱ステ中にかゆみとの関係を嫌と言うほど味わったのが

白砂糖

です。

白砂糖はかなりヤバいです。食べると確実にかゆくなります。今でもうっかり食べると手がかゆくなるし顔の肌などざらざらになってきめが粗くなるので食べないようにしています。

マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 (ビタミン文庫)

にも白砂糖の弊害についてこのように書かれています(101ページ)

白砂糖の害は恐ろしい

  • 血糖値が上がる
  • 免疫力が落ちる
  • 皮膚にばい菌が繁殖しやすくなる
  • 吹き出物ができやすくなる
  • 体内のカルシウムを奪う
  • 体内のビタミン、ミネラル類を奪う
  • 肝臓を悪くする
  • 胃腸病になりやすい
  • 皮膚病になりやすい
  • 動脈硬化になりやすい
  • 心筋梗塞になりやすい
  • 虫歯ができやすくなる

最近では鬱病などメンタルの疾患にも白砂糖の影響があると言われており、私たちは食べたときの甘さと引き替えにたくさんのものを失っている可能性があります。

なぜ白砂糖がかゆみにつながるのか

以前に書いた記事 アトピーの治し方②腸にキズをつける食べ物を摂らない のページに白砂糖についてはこのように書きました。

白砂糖は血糖値を急激に上げますが、その血糖値をコントロールするために副腎から出るコルチゾールというホルモンが大量に消費されます。副腎ときいて何か思い出しませんか? そう、ステロイドです。

本来はアトピーの炎症を抑えるために活躍したいこの副腎ホルモンも、血糖値コントロールで使い切ってしまい、肌の方までは手が回りません。

だから白砂糖を摂取すればするほど、アトピーは悪化するというわけです。

なぜ白砂糖はこんなにものすごいスピードで体に影響をおよぼすのか?

それは白砂糖が作られる過程と関係があります。

白砂糖は製造する段階で苛性ソーダ(強アルカリ性)や硫酸(強酸性)を使ってとことん真っ白になるまで精製され、ビタミンやミネラルをすべて失ってしまいます。

 精製に精製を重ね、化学物質へと変身したものが白砂糖なのです。

ですからすごく刺激の強い薬品みたいなものだと思えばいいです。体に優しくなんかありません。体にもメンタルにも影響を及ぼします。

白砂糖の代わりになるものとしては

  • てん菜糖
  • メープルシロップ
  • はちみつ

などがあります。

個人的にはメープルシロップが一番かゆくならない気がします。ただ値段が高いので、我が家のスイーツ作りには精製していないてん菜糖を使っています。

実体験として感じた砂糖の害

私はだいたい砂糖の入ったものを食べると30分くらいで手の関節がムズムズし始めます。そのあと関節の肉がかゆみとともに脆く、ぐずぐずした感じになって、穴があいてそこから汁が大量に出てきます。半端なくかゆいです。よく手をもみしだくようにかいてました。

直接的なかゆみは3日くらい続きます。破壊された肌は1週間くらいダメージが続きます

脱ステ中の砂糖の害を撮った写真があったのでアップします。


私の場合はこのように関節がムズムズしてちょっと腫れたようにぷんぷくりんになります。


ちょっとドアップ過ぎてすいません・・・。盛大に汁が噴き出しています。


そして汁とかゆみに耐えきれなくなり、ティッシュで巻いて汁を吸い取ります。
かゆみ対策としてもこのティッシュをぴたっと巻いて密着させるととかゆみが治まるのでよく応急処置としておこなっていました。

アトピーでない夫も砂糖を食べると調子が悪くなる

私の夫はアトピーではありませんが、私が作る食事が以下の6つを排除したものだったので、必然的に体質改善に取り組むような形になりました。

以下を排除

  1. 白砂糖
  2. 化学調味料や添加物
  3. 化学的に精製された油(トランス脂肪酸)
  4. 輸入小麦(残留農薬)
  5. 乳製品
  6. 抗生剤を投与されたお肉

上記にプラスして朝食抜きの1日2食

(↑こんな生活をしていたので、実は夫にもおどろきの排毒がありました。それはまたの機会に)

夫の場合は白砂糖を摂取すると顔がかゆくなってあごの周りにニキビのような吹き出物がでます。

夫にも聞いてみたらかゆみは2日くらい、肌が荒れが続くのは1週間くらい、と言ってました。

外食などで同じものを食べてうっかり砂糖が入っていた場合、私の砂糖センサーが先に反応します。私が30分後に「手がかゆくなってきた」と言うと、夫が「怖いな~、じゃあ俺は夜だな」言います。夫はだいたい私の3時間後くらいにかゆくなるので、その後夫婦で1週間くらい調子が悪くなります。

今回は白砂糖について紹介していますが、食品添加物も同じようにかゆくなります。
こんな記事も書きましたのでよろしかったら参考にしてみてください。
【添加物とアトピー】ひさびさの添加物で夫婦そろってかゆくなる。安全な食材の調達

白砂糖は何にでも入っているので注意!

白砂糖をやめるなら、基本的に甘いお菓子、スナック類はNGです。パンにも大量の砂糖が使われています。

誘惑の多いコンビニやスーパーには行かないほうが無難です。

飲み物も清涼飲料水は基本NG水かお茶類、ただの炭酸水など砂糖の入っていないものにしましょう。

甘いものがほしくなったら、干しいもやレーズンをゆっくりかみしめて食べるのがおすすめです。また、自然食品店にはてん菜糖をつかったお菓子などもありますので、探してみるのもいいかもしれません。

だまされたと思って1週間砂糖断ちしてみてください。かゆみも消えてくるし、なにより頭が冴えわたってクリアになりますよ。

詳しい脱ステ・脱保湿のくわしい記録はこちら↓↓↓

アトピー脱ステ脱保湿・猛烈な排毒との戦い【写真全58枚】1年ごとの詳しい記録

アトピー脱保湿2回目・激しいリバウンド【写真全42枚】9ヶ月の詳細な記録

デリケートゾーン(陰部やちくび)のアトピーについてはこちら↓↓↓

誰にも言えなかった陰部のアトピー【アトピーと性の関係】

誰にも言えなかったちくびのアトピー【私のかゆみ対策】

体質改善のために私が取り組んでいたもろもろはこちらです。
   ↓↓↓↓↓
①1日2食にする(半日断食で腸をきれいに)
②腸にキズをつける食べ物を摂らない
③半日断食+スイマグで腸内環境を整える
④石けん、シャンプー、洗剤類を一気に変える
⑤半身浴で脱ステ中の排毒(デトックス)を促す

 

 




最後まで読んでくださってありがとうございました!
質問や感想などありましたらお気軽にコメントください(^^)/
あなたにかゆみのない平穏な日々がくるよう心からお祈りしています。

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

☺️ツイッターやってます!フォロワーさんとのおしゃべりが楽しいです👍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です