自然食品店で他の客から「うつりそう」と言われた話【アトピーvs.虫眼鏡オババの戦い】

今日は脱ステ1年生お肌ボロボロのときに見ず知らずのおばさまから「うつりそう」と言われたお話です。

アトピー改善のために食事を根本から変えている方も多いと思います。
私も脱ステ開始とともに1日2食の半日断食にして白砂糖や化学調味料を摂らない生活を始めました。

今は生活クラブの配達を利用していますが、始めたばかりの頃はこんな便利なものがあるとはつゆ知らず、せっせと自然食品店で購入していました。

突然の説教

ある日、荻窪の老舗自然食品店で買い物をしようとお店に向かいました。
私は顔も首も赤黒く、一目でアトピーの重傷患者であることがわかる状態。

お店に入ってカゴを持ち、まず国産小麦のうどんを手に取りカゴに入れました。
ほかにも何点かカゴに入れ、店内を巡回していると50代後半くらいのおばさまが急に話しかけてきました。

あらあなた、
そんなにアトピー酷いのに小麦粉なんて食べちゃダメよ

だいたい精製された白いものは・・・

ヤバい!このまま説教が続くパターンだ!と思い、すかさず顔を見て

ご忠告ありがとうございます

でも自分で決めた方法でやってますからアドバイスは結構です(ニコッ)

と伝え、すこし離れました。

↓その前に皮膚科で自分の意見が言えず嫌な思いもしていたので、がんばりました。

ステロイドを使わないという病院に行って、帰り道に泣いた話【脱ステ】

2017.01.23

店員も被害にあう

そうしたらそのオババ(おっと失礼!)、おばさまは反論されたのが相当気に入らなかったようで、矛先を店員にきりかえました。

おもむろに大きな虫眼鏡を取り出し商品棚にあるゴマを手に取るオババ(もういいや)。

そして昔の探偵のように念入りにゴマを観察。

ゴマの粒が揃ってない!

と店員さんにクレームをつけ始めたのです。

これは関わらないほうがいい!と思い、なるべく距離を取るようにしました。

オババ渾身の一撃

さあレジで会計しようと思い通路を移動してたらスススーっとオババが近寄ってきて

私に対し汚いものを見るように顔をひそめながら

いやぁぁぁ~~ねぇぇぇ~~~、うつりそう

と言ったのです。

虫眼鏡オババの攻撃、第一波は対処できたけど第二波には何も言い返せなかった・・・。
私はもうショックでショックで、金縛りにあったように体が固まってしまいました。

その直後、ぶわっと涙が溢れてきました。
お店には申し訳ないけど、そのまま通路にカゴを置いて泣きながらお店を出ました。

そして近所のスポーツクラブの薄暗い駐車場に移動して泣きました。

結構長い間、このことは私の中で尾を引き、なかなか立ち直れませんでした。

それってほんとに中庸なの?

なぜオババはゴマを虫眼鏡でみるようになってしまったのか?
なぜオババは若者を捕まえてあえて傷つくようなことを言うようになってしまったのか?

当時私は一生懸命考えました。それで出た結論は「オババはしあわせじゃないんだな」です。
言われた側の負け惜しみみたいで嫌だけど、それしか思いつきませんでした。

正食などのマクロビでは、陰陽に偏った極端な状態ではなくバランスのとれた「中庸」を大事にする考え方です。

オババがマクロビを実践していたかはわかりませんが、
どんなに体にいいもの食べていても、どんなにその食品が安全だろうと

あれは極陰性だからダメ、

これは陽性が強すぎるからダメ、

とがんじがらめになっていたとしたら本末転倒で、それは不幸なことなんじゃないかと思いました。

オババは反面教師

たまたま私の周りにいなかっただけだと思うのですが、マクロビにのめり込んでいる人でこれまであまり素敵な人に出会ったことがありません。

一度マクロビ系のお料理教室に行ったときも、他の参加者から「あなたは○○だからアレしちゃダメ、コレしちゃダメ」と聞いてもいないのにアドバイスされ、もう嫌になって1回で行くの止めてしまいました。

中庸というのは食べ物のことだけではなく、様々な考え方や価値観の中をバランスとって生きていくことなんじゃないか。

中庸というのは自分がいいと思っていることから相手が外れていても、その背景に何があるのか考えて頭から否定しないことなんじゃないか。

私はそう思います。

私も一生懸命食事を変えて脱ステに取り組みましたが、あの虫眼鏡オババにだけははなるまいと、いつも頭の片隅で思っていました。

視野が狭くなることもあったと思うけど、虫眼鏡にまで発展しなかったのはあのオババのおかげです。

オババ、ありがとう・・・。

当時から現在まで続けている食事療法や生活習慣はこちら
①1日2食にする(半日断食で腸をきれいに)
②腸にキズをつける食べ物を摂らない
③半日断食+スイマグで腸内環境を整える
④石けん、シャンプー、洗剤類を一気に変える
⑤半身浴で脱ステ中の排毒(デトックス)を促す

食事改善と脱ステ・脱保湿をしたときの詳細な記録もあります。よろしかったらこちらもどうぞ。
私の脱ステ・猛烈な排毒との戦い【写真付き】1年ごとの詳しい記録




最後まで読んでくださってありがとうございました!
質問や感想などありましたらお気軽にコメントください(^^)/
あなたにかゆみのない平穏な日々がくるよう心からお祈りしています。

ランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

☺️ツイッターやってます!フォロワーさんとのおしゃべりが楽しいです👍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です